白い歯にセラミック治療(ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック)をご提案!各種保険治療対応| 03-3777-1182.ブラン品川大井町歯科

ガルバニック電流の解説

ホーム>ガルバニック電流

ガルバニック電流

ガルバニック電流

ガルバニック電流の原理は?
歯科治療で使用している銀歯をはじめとする金属は、様々な種類が使用されています。 異なった種類の金属が口の中にあると、唾液が電解質となって電位差が発生し、電流が生じることがあります。 これをガルバニー電流(ガルバニック電流)といいます。

ガルバニー電流の症状は?
歯に詰められた毒性歯科金属によって発生する口腔内電流(ガルバニー電流)は、不眠、イライラ、頭痛、肩こりなどを引き起こし、自律神経のバランスを崩します。 毒性歯科金属により発生するガルバニー電流はカラダの痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こします。

ガルバニー電流の影響は?
このガルバニー電流、ただピリッとするだけのものではありません。 微弱な電流により、自律神経の乱れといった身体への悪影響を及ぼすことが分かっています。 頭痛や肩こり、めまい、耳鳴り、不眠、イライラなどに悩まされているならば、口腔内の歯科金属が原因かもしれません。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional